読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夏場所十日目と月命日

今日の幕内解説、舞の海さん。楽しみ♪石浦はたぶん舞の海さんの事お相撲さんとして好きなんだと思うけど、私は解説者として好きだ。舞の海さんは個人的にお相撲さんとお客さん両方の目線でコメントしてくれる感じがするから好き。お客さんの事を思ってコメン…

夏場所六日目

4勝目おめでとう✨うれしいな~♬右の前もも大丈夫かな?戻る時若干歩きづらそうに見えたけど。本人が大丈夫って言うのを三瓶さんが伝えてくれたのでその言葉を信じよう。それにしてもすばらしかったね。早かったね。今日の決まり手は押し出しだったけど、寄…

夏場所五日目

3勝目おめでとう♬日大は自主性を重んじる大学だったのかな?厳しいといえば厳しいか。何かあっても人のせいにできないぞって事だもんね。遠藤がものすごく頑張っているように見えたって事は、石浦も実は同じくらい頑張っていたんじゃないかな。「人は鏡」っ…

夏場所四日目

2勝目おめでとう石浦ら♬下手ひねり。先場所の七日目、錦木戦を思い出した。歓声すごかったね。私もうれしい。毎日そうするのは厳しいと思うけど、やっぱりいいよね、真っ向勝負。新入幕の阿武咲のインタビューの中で、十両時代の石浦見られてよかった。去年…

夏場所三日目

石浦が取組後に言っていたように、途中までよかったよね?北の富士さんがおっしゃっていたように、宇良の攻めがきつかったのかな。北の富士さんの「滑る方が弱い」は、愛のある厳しさだね。私は個人的に石浦と宇良は取組の度に勝ち負けで一喜一憂するのでは…

夏場所初日

初日が終わりました。早くも今場所も荒れる予感。私は石浦が一番好きなので、石浦の取組は最も注目している取組だけど、今日、他に注目していた取組が一つあった。それが千代の国、白鵬戦。以前、大相撲中継の中で、元豊真将の立田川さん(たしかそうだった…

だから大丈夫

私に今必要なものはすべてあって、必要だと感じているのにそれがないのは必要ないからだ。今はまだ。もしくは今はもう。本当に必要なものであれば、わざわざ手を伸ばさなくても気が付いたら手の中にある。

自分のペースで生きる

もうしばらく働きたくない。料理も作りたくない。洗濯と掃除はするけど、あとは好き勝手に暮らしたい。別に一生働かないわけではないし、一生料理を作らないわけではないけれど、専業主婦でもない、家に主夫がいる働く妻でもないくせにそんな暮らし方をする…

忘れたらその都度思い出せ、私

すべての命の重さが平等であるように、私の人間としての価値は他の人達の価値と同じ。私の価値は生まれてから死ぬまでずっと一律、同じ価値のまま。増えもしないし、減りもしない。だから安心せい。

勲章

私はあご、デコルテ、二の腕の内側にやけどの痕があります。母の話では、幼い頃にホットミルクをこぼしたそうです。おそらくこの先もずっとこのままだと思います。10代の頃は嫌でしたが、20代の途中から考え方が変わりました。やけどをした時の記憶はあ…

だから非公開

ツイッターを始めるか、ブログを始めるか、どちらにしようか迷った。日本相撲協会のツイートを見たかったし、自分が何かを発信するとしても140字あれば足りるだろうと思い、ツイッターを始めた。実際は、端折らずに伝えようと思ったら全然足りなかった。…

朝5時に目ぇ覚めちゃったよ

じーちゃん、ばーちゃんおはよう。今日はじーちゃんの月命日だね。もうすぐ2年半経つし、命日に比べるとあまり意識しなくなってきた。でもそれは忘れていくのとは違うから。だんだん前を向いて生きられるようになってきたって事だから、安心してください。…

フォローは2で行きます

ツイッターの利用登録をし、同時に日本相撲協会のフォロワーになりました。私が一番好きなお相撲さんである石浦がツイッターをやっているのか気になって、検索してみようかと思ったのですが、ストーカーみたいで嫌だと思ってやめました。ツイッターを始めて…

SNSデビュー

ひよっこスー女として毎場所大相撲中継を見るようになった私ですが、毎場所後に感じる寂しさから、日本相撲協会のHPを時々見るようになりました。メールマガジンの登録をする、巡業レポートを見る。それだけでけっこう満たされていました。協会公式のSNSは、…

ひよっこスー女

生前祖父がよく大相撲をテレビで見ていました。私は映り込んでいるお客さんのワクワクした表情を見るのが好きで、取組はほぼ見ていませんでした。祖父が亡くなった後、取組もちゃんと見てみようと久しぶりに大相撲中継を見てみました。その時、相撲ってこん…

この世界の仕組み

前日のブログで祖父が亡くなった時に救急車を呼んだと書きましたが、過去にそれとは逆の事もありました。私が一人で買い物に出かけ、そこで倒れ、救急車で運ばれる際、連絡を受けた祖父が付き添いで同乗してくれたのです。祖父が亡くなった後、その事を思い…

持たない

二年前祖父が亡くなりました。私が救急車を呼びました。翌日の未明に遺体となって帰ってきました。救急車で病院に運ばれて検査を待つ間、病院の外に出て、母に電話をかけました。私が携帯電話を使ったのはそれが最後です。携帯電話を手放した時、せいせいし…

誓いの言葉

愛しています。感謝しています。ありがとうございます。私達は皆、生かされています。その事を死ぬまでゆめ忘れず生きていきます、神様。