持たない

二年前祖父が亡くなりました。私が救急車を呼びました。翌日の未明に遺体となって帰ってきました。救急車で病院に運ばれて検査を待つ間、病院の外に出て、母に電話をかけました。私が携帯電話を使ったのはそれが最後です。携帯電話を手放した時、せいせいしました。なぜだかほっとしました。携帯電話もスマホも私には当分必要ない道具です。

 

じーちゃん、ばーちゃん元気ですか?私は元気です。いつも見守ってくれてありがとう。愛しています。いつだって。

広告を非表示にする