いまさら

去年の九州場所14日目の正代戦。取り直しの末、正代が勝っていたけど、私はいまだに最初の取組で石浦が勝っていたって思っている。行司さんの判断は正しかったと。その取組の後、大泣きしながらそのままテレビの画面を見続けて、気付いたら大関が土俵に上がっていた。その間の取組はまったく記憶にない。こんなふうに悔しい、よく頑張ったねって私が泣かなくても、石浦には一緒に悲しんだり、喜んだりしてくれる人がいたんだ、ずっと前から。
悲しかった。寂しかった。でも、たぶん幸せだった。

広告を非表示にする