ご存命なんでしょうか?

今日は父の誕生日。おめでとう。
記憶の中にいない、思い出の中にいない父。
結婚式の写真が残っていたのでこっそり見たら、千葉県知事に似てた。母の男の人の好み、ちょっとわからない笑
やけどの痕がある事で母を責めた事は一度もないと以前書いたけど、父がいない事は一度だけ責めた事がある。でも、今後二度と責める事が無いよう必要なたった一回だったと思う。
親が片方いなくても子供を育てられるって事、私たち姉妹に母が証明してくれた。親が片方いなくても子供が立派に育つって事、私たち姉妹が母に証明できた。
父と母がいなければ、私と妹は今この世にいない。
私の名前は父がつけたと母から聞いた。父は命と名前をくれた人。思い出も記憶もないけれど、私にはその二つで十分だったのだろう、きっと。
生きてるといろいろあるけど、おかげさまで幸せですよ、私。

広告を非表示にする